HOME

~事務所理念~

関与先事業所にとって人事・労務分野における「燈火(ともしび)」であること

 

人事・労務管理が非常に難しい世の中です。

「経営者は常に適切な人事・労務管理を暗中模索している」と言えます。

当事務所は、良き相談役として暗中に「燈火(ヒント)」を提供し、経営者がより良き道を選択しやすいよう、また、選択した道を歩きやすいよう誠心誠意サポートさせていただきます。

「燈火(ともしび)」という言葉の響きのとおり、温かく依頼者に寄り添う事務所であり続けたいと想っています。

~行動指針~

懇切丁寧・即対応・誠意で育む信頼土壌

~ご挨拶~

当事務所は、「社会保険労務士の使命は、人事・労務分野を通じて企業に収益をもたらすことである」と考えます。

「ヒト・モノ・カネ」という経営3要素のなかで「ヒト」が最も大切な経営資源であることは言うまでもありません。

公園で寝てばかりいる営業員30人と、勤勉で愛社精神が旺盛な営業員15人、どちらが企業にとって大きな戦力でしょうか?

飲食店で、料理は標準であっても、店員の接客態度に誠意を感じ、その店を好きになったことも、その逆もあるのではないでしょうか?

まさに「企業は人なり」です。

では、どうすれば貴社の人材が「勤勉で愛社精神が旺盛な営業員」や「接客態度に誠意を感じさせる店員」となるのでしょうか?

それを貴社と共に模索し、少しでも人材の確保・育成・活用のお手伝いをさせていただくことができれば幸甚の至りです。